浜松最高!A Tribute to STUFF

いやぁ~、浜松最高だったな!

何がって?

バンドもお客さんもだよ!

浜松は、「楽器の生まれ故郷」ともいうべき街で、それだけにお客さんの中には、世界の名だたるミュージシャンに楽器を提供している職人さんもいて、かなりの音楽にうるさい方もいて(笑)

それだけに、本当によいモノを知っている人たちばかり。。。

一番面白かったのは、ライブ後の片付けの時、「RhodesPianoのフタ開けてもらっていいですか?」の一言で、この人だかり!「どんだけ楽器好きやねん!!!」と言う、他の地域では見られない光景も。。。

みよ!この瞬間に集まった人たちを!

RhodesPianoの蓋を開けたら、撮影会の始まり!

急遽始まるドラムクリニック!!!

急遽、ドラムクリニックも始まる!

なかなか!!!恐るべし浜松のオーディエンス!!!!!

それだけじゃないよ!音楽わかってる人達だから、ミュージシャンの喜ぶツボも知っている。

いいとこで拍手や、ファンキーな声が出る!。正に音楽の街だよ。。。

メンバーも最高!今回は色々新しいアイデアを試したなぁ。。。

ただのSTUFF好きが集まってるだけでなく、既にみんな自分のモノにしてるよ。。。

この動画は、スティーヴィーワンダーのレイトリーと言う曲。

ベースの浜ちゃんのアイデアで、ベースでメロディーをやり、後はみんな感じるままに。。。

少し、ライブを感じてみて下さい。

次は、7月23日(土)京都はRAGにて!

いい音、楽しい音だから、みんなで楽しもうね!

も一回言っとく、、、浜松の皆さんありがとうございました!!!

タグ:

特集記事